LCCを考えてみる

ここ、数年というもの格安航空会社が人気です。誰でも通常の飛行機代は安いとは思っていないでしょう。それでも安く乗る方法としてマイレージサービスがありますが、その歴史は意外と古くアメリカで1981年から始まっています。 日本でのマイレージサービスの導入は1997年ですからアメリカから遅れること16年で、マイレージサービスが始まったことになります。それまでは高い飛行機代で乗らなければならない飛行機もマイレージを貯めることによって飛行機に乗れるとあってちょっとしたブームになりました。

それは他のポイントでもマイレージも交換できるサービスも表れそれもブームに拍車をかけることとなったのです。多くの人が少しでも安く飛行機に乗ろうとしている中、LCCと呼ばれる、格安航空会社が出現したのも時代の流れといえるものかもしれません。

国内線では特に過剰なサービスは必要としません。長いフライトでも3時間はかかりませんし、その間は寝て過ごすくらいで十分でしょう。 多くの人は機内サービスの充実よりもLCCの安価な飛行機代のほうを求めているのは明白ですし、それは国内はもとより国際線でも明白なものとなったのです。これまでのサービスを望むのであればビジネスクラスやファーストクラスに乗ればいいのですから、それほどの問題とはならないでしょう。かくして瞬く間にその圧倒的な安さからLCCが乱立し、利用者のメリットとなる反面、安全面での不安も指摘されるようになってきたのです。

Copyright © 2014 LCCのサービスについて All Rights Reserved.